デカール製作について

 

ペイント歴はかれこれ20年以上ですがデカール製作はまだ創めて1年ぐらい、2年目に突入したところです。

ペイントとは違いデータ製作し印刷するだけと思い手を出しましたが、これが結構大変な作業の連続となっております。

 

最近ではデカール屋も多く中華製でも結構曲がり発色の良い製品もありますが

私自身デカールやシールを張るのが結構下手なんです。同様な方も多いと思います。

そんなこともあり

張りやすさを目指した分割型デカール屋になろうと思ってます。

破れた所だけ印刷してという要望にもお答えできますので、

イイなと思っていただける方のオーダーお持ちしております。

 

 

デカール製作は現在、型取り済み以外のものを製作したい方は。

バイクを預けてもらうか、外装パーツを郵送もしくは持ち込みで預けてもらわなければなりません。

型は私のところの印刷シートに合した用に型取りするため曲面の多いパーツは分割仕様で型取りとなることもあります。

また、張ってからカット仕様の型になる場合もあります。

パーツの返送のときの送料もご負担お願いします。(送料着払い)

デカール製作後の送料も着払いもしくはご負担お願いします。

 

デカールは現在3つのグレードがあります。

 

上グレード

ラミネート(オラガード)+シート(BASアート)+粘着シート(日東)の三重構造再剥離

450×550mmで4000円

 

中グレード

ラミネート(オラガード)+シート(エアフリ―)の2重構造永久粘着

350×550mmで2600円

 

下グレード

ラミネート(UG100)+シート(エアフリー)の2重構造 使い捨て専用デカール

350×550mmで1400円※気泡多・耐久性低 1レース使い捨て専用 ゼッケン用途に

 

 

 

結局価格は?

オフロード車1台で450×550mmのシートを約5~7枚使います。ので上グレードで20000円~30000円ほど製作できます。

中グレードですと350×550ですので13000円~20000円ほどで製作できます。

破れたなどで再印刷の場合などは1シート単位発注となります。

 

 

耐久性

上グレードで月3ぐらいの練習、レースで1年間使用した人でもまだしっかりしていました。

さすがにニーグリップの強い人はタンク回りはすぐダメになるようです。

ここは分割して張替え仕様にして製作するほうが良いかもしれません。

 

miczgarage spray paint 117-9 shinden katuragicity itogun wakayama 6497122  09044993016